付き合う事なくセフレになっていた経緯

好きな人と恋人同士になり、彼氏とセックスするのは幸せな気分になります。しかし身体だけの関係を好んで楽しむ男女関係も実際に存在します。その関係を楽しんでいる経験者から聞いた「どういう経緯でセフレになったのか」をご紹介します。

お酒に酔った勢いでラブホでしちゃった

お酒に酔った勢いで男性と夜遊びしていたら火遊びに発展しちゃったというのは良くあります。あまり考えず勢いで一回SEXしてしまい、そのままズルズルと肉体関係が続くことが多いです。男性からすると付き合う責任なく、無料でSEXできるので手放したくないでy層。

ナンパされてワンナイトラブから

合コンや飲み会でもそうですが、ナンパや口説かれてお持ち帰りされてしまうと、カラダだけの関係が出来てしまいます。すぐヤレる都合の良い軽い女は男性から性欲処理として重宝されます。

エッチの悩みを相談していたら

「特殊な性癖があって彼氏や旦那じゃ表に出せない。同じ趣向のセフレだから発散できる」
SMやスカトロなど変態趣味の方もいます。パートナーが普通の性癖だった場合は、外の男性に求めないと欲求不満になってしまうのです。

好きで恋愛感情から関係を持った

好きだから付き合いたいけど、その感情を利用されエッチしたら付き合えると思い、そのまま便利なやりたい時だけ呼び出される肉便所に成り下がった。それでも好きだから近くにいたいし、会えるだけいい。この様な悲しい状況になっている女の子もいます。「いつか本命の彼女になれる」という夢を持っていますが、残念ながら無理です。

相性が良かった元カレと再会して

元カレや元カノと再会して付き合ったり、セフレになる事は少なくありません。以前恋愛していてお互いの体を知っているので、再度エッチするのも抵抗はありません。見知らぬ相手とスケベするより、元恋人の方が安心感がありますし相性も理解しています。

「仕事が忙しくて彼氏を作る気はないけど、人肌恋しい時は元カレに電話する」なんて人もいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする